1975年1200LS(1600cc/ヤナセ)ビートルに乗り初めてタイトルとは違い、かれこれ10年目になります。いつまで経っても「一年生」なワーゲン乗りの、のん気な日記です。


by derolinco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ポイント調整は、ちゃんとしようの巻

まだ、ビートル乗って半年ぐらいのある日のことでした。
明け方5時ごろに家に帰ろうと走ってましたら、
急にエンジンがストップ?
あれ? セル回しても、ウンともスンとも…?
あー!! どうしよう???
幸いにも早朝で車は走っておらず、
惰性でヨロヨロと空き地(民家の車庫の前でしたが…)へ、
とたどり着きました。
それから、セルを何回か回しても… ダメでした。
仕方なく、その時はさっきまで遊んでた友人を呼び牽引して脱出しました。

で、原因は。
ポイントがくっついちゃったようでした。
(その時、説明きいてもピンとこず?)
それから、いろいろ勉強しないとと思い、
本買ったり、ホームページをあさったり。
ようやく概要がわかり、
それ依頼はポイントによるエンジンストールはなかった…はすでしたが。

でも、喉元過ぎれば… ですね!
何年かして、ある日、突然それはやってきました。
快調に走ってたら、
そう、それです、いきなりエンジンすとんってとまって、
アクセルふんでも、ウンともスンとも?
経験とはすごいものです!!
原因は、ポイントだと思い、復旧にはあせりませんでしたが、
なんとその時は、
普通の昼過ぎの車だらけの時間帯だったので、アセリまくり!
おまけに、片側2車線の広めの道路の中央側を走行中!!
「どうすんの?!」て、カード会社のCM状態。
(その当時はそんなCMなかったので、ただ、アセリまくり…)
で、惰性で、たまたまガソリンスタンドがあったので、
よろよろと、半ば強引に車線変更ぎみに、
いっきにスタンドへ突入しました、
が、しかし…
ちょっと登りぎみのスタンドの入り口だったので、
登りかけて、あえなくストップ状態…。
店員たちは、不思議そうにこちらを見てました。
(何にしてんだろう、あの車? な感じで)
咄嗟に、
「すいません!押して下さい!」と、
で、無事にスタンドの片隅につけてもらいました。
そこからは、まるで整備の達人の用に、
工具箱をとりだし、ポイント調整を、ちゃっちゃと済ませて、
エンジン始動!!
御礼に、ガソリンを満タンにして、走り去りました。

で、それ依頼は、ポイント調整のズボラでストップはありません!
高速とかで、そうなったらとか想像すると、めちゃ怖いのでね…。

ポイントレスなら、心配無用ですが、
それはそれで、故障すると、どうにもならないので、
それもこまり物かなと、ノーマルのポイントのままです。
永井電子のセミトラは、故障の時もポントに戻せて走りだせるようですが。
まぁ、ノーマルでOKなら、それでOKなんでね。
ハイパフォーマンスな車ではないので。

でもね、プラグコードは、そのうち永井電子のにかえようかと思ってますよ。
高価だけど、まず一生物だそうですよ。
エンジン不調の時も、プラグコードを疑うのは一番最後でいいぐらい。
で、貧乏性な私は、ついオークションで探したりしてしまってます。
ちゃんと、新品買おうと思ったり。

そうそう、ポイントに山(でっぱり)が出てきても、
少々ならペーパーかければOKだと言うのも、
何年も経ってから聞きましたよ。
ちょっと、でっぱり(山)できたら交換してたので、
貧乏マンな私は、損した気分だったこともあります。

今まで、車を乗ってきて、
「車を押してください」と頼んだのはビートルだけです。
上記の件と、また、違うときの件の、2回助っ人を頼みましたね。
でも、頼みやすいし、助けがいもあるんだろうな。
6年ちょい乗って、車押しの助け2回は少ないのかな?
まぁ、無事でなによりだ。

ポイント調整は、ちゃんとしようの巻、でした。

でんでん。
[PR]
by derolinco | 2006-02-28 21:00 | Beetle