1975年1200LS(1600cc/ヤナセ)ビートルに乗り初めてタイトルとは違い、かれこれ10年目になります。いつまで経っても「一年生」なワーゲン乗りの、のん気な日記です。


by derolinco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

イグニッション・スイッチを交換、が、、、

f0074456_17483926.jpg


故障の原因が判明!
この系統の不調のメンテのHPがたしかあったと思い探してみると、ありました。
で、キーをがちゃがちゃしたり、ハンドルをどんどん叩いたり、と色々してみると、
みごと! エンジン始動!!
原因がわかりました、イグニッションSWでしたね。

で、すぐさまフラット4さんで部品を購入。
これだけなら安いのだが、貧乏性、、、
ついつい、どうせ注文ならあれこれとしてしまう。
結局、19,000円弱もかかってしまった。

そして、今日作業しようと試みたのだが。
甘い考えでした。
ハンドルをはずさないと交換できないようで、断念。
そりゃそうだと思った。
そんなに簡単にイグニッションSWが交換できるようじゃ、盗人を応援してるようなものだと。
ハンドルのナットのサイズは確か大きかったしな。
ここは、部品持ち込みでショップに依頼しようかな。
他の作業してほしとこもあるし。
だったら、リレーも付けるかなとか、変な欲がでてきます。

でも、このイグニッションSWも色々あるんですね!
買ったSWha、パーキングと警告灯が無いタイプのようです。
私のは、警告灯は付いてないが、パーキングは機能しているのでこれが無くなるのかな?
そのほうがバッテーリー上がりを防げるかなとか思ったり。

そう、そのバッテリーですが、今回の件があり普段ほったらかしのバッテリーですが、
端子を掃除したりしましたが、白い粉が固まってしまって大変。
でも、メンテフリーのバッテリーで、インジケーターが付いていますが、
まだまだ、緑ランプ点灯でした。(バッテリーがOKといこと)
もう、7年を超え年末には8年目を迎えますよ。
こんなに寿命あるのか。

イグニッション・スイッチは、いまのところ快調にエンジン始動できてます。
また、不調になったら叩いてがちゃがちゃ、、、、
[PR]
by derolinco | 2006-10-01 18:02 | Beetle