1975年1200LS(1600cc/ヤナセ)ビートルに乗り初めてタイトルとは違い、かれこれ10年目になります。いつまで経っても「一年生」なワーゲン乗りの、のん気な日記です。


by derolinco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「オートチョーク」いよいよクライマックス!!

f0074456_2012465.jpg


今回、買った「34PICT-3」用のオートチョークです。
刻印の数字が「60」の物。
昼間にちょっと時間つくって取付ましたね!! 早速ね!!!
で、昼間の試走では、チョークの終わり間際(段々の最後の1段辺りで)に、
アイドリングが下がりぎみ(まだ暖気が不十分)。
チョーク終了(暖気完了後)後は、普通に安定したアイドリング。
チョーク付け替えて、キャブ調整、ポイントチェック、タイミングチェックもしました。
まだ、寒冷時からの始動はしていません。(これから帰宅と、明日の早朝に寒冷での始動です)

1)もう少しチョークの戻りを遅らす
2)アイドリングを少し上げる
昼間の試走からは、この2点かなと思っているところです。
これから、寒冷からの様子もみながら調整ですけどね。

ただ、昔のオートチョークがきちんときいていたころを思い出した。
その時も、チョーク終了間際にアイドリングが下がりぎみで、
解決した方法と言うか、やったことを思い出した。
この時は、オイルの量が減ってきていました。
(アンダーレベルすれすれ、ちょい下)
オイル量をちゃんとすれば問題なくなったのを思い出した。
そう言えば、数日前に1回寒冷時スタートの時に、信号でアクセル吹かして暖気と止まらぬようにして、
スタートして、アクセルを踏み込んだら一瞬オイルランプが点灯したのを思い出した。
ちょうど、オイル交換して3ヶ月なので、そろそろ量が減ってきててもおかしくない時期だしね。

まぁ、もうちょい、様子みながら調整したりしてみます。
結果は、また後日に。

f0074456_20123062.jpg

今回、比較のためにと買った「30PICT-1〜3」用のオートチョークです。
これ「BOCAR」の物です。メキシコ産。
数字は、「78」(これは下の汚い物と同じ数字だ)
、、、と言うことは、汚いオートチョークは、、、

f0074456_20124640.jpg

これは、今回買った物を付ける前までつけていた物。
一般に日本のショップで販売している、「12V」用のオートチョーク。
これでも、寒冷時のチョークがうまく働かなかった、、、
戻りが早かったので、暖まる前にチョークが終了して、
信号待ちなど停車時にエンジンが止まってしまいます、、、
これ、下の汚いオートチョークと同じ症状だったので、
これは、30PICT用かな?!(これは数字が無い)

f0074456_2018132.jpg

これは、この上の物を付けるまで使用していたオートチョーク。
一応当時の物(年数たってるからどうかは不明?)。
これ、中のせとものみたいなのが割れていました。
上から2枚目の物と、同じ数字「78」だということは、、、
これは。30PICT用だったのか!?
これも、この上のオートチョークと同じで戻りが早かったんですよね。


でも、これだけオートチョークで悩むとは、、、
昔はチョークも調子よかったんですよね、実はね、
さすが寒い国の車だ! と。
キャブのオーバーホールの後に、冬場の不調に悩みだしたから、
O/Hの時に、オートチョークが入れ替わってしまったのだろうと。
程度の良い当時の34PICTの部品を使ったりしたので、
それにについていたものと入れ替わったと推測、、、
数十年もたってるから、34PICTについていたからOKかなと思っていても、、、
途中で違うのをつけたりしてたのかな〜と。

これで、ベストな調子になれば、イイんだけどね!!??
結果は、もうしばらくお待ちください。
これ解決すれば、高年式で寒冷時のオートチョークの動作で悩んでいる人たちには朗報だな。
[PR]
by derolinco | 2007-01-10 20:54 | Beetle