1975年1200LS(1600cc/ヤナセ)ビートルに乗り初めてタイトルとは違い、かれこれ10年目になります。いつまで経っても「一年生」なワーゲン乗りの、のん気な日記です。


by derolinco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

続、オートチョーク!

整備マニュアルにありました!
しばらく、どこへいったかわからなかった「ヘインズ」(英語版)のマニュアルが出てきました。
なにげに、オートチョークをさがしていると、
なんと、あのチョークに刻印された数字の指定が書いてありました。
そう、34PICT-3 のキャブには、「60」と書かれたチョークを使用とかかれてありました。
う〜ん、やはり専用のオートチョークだったのか。

それと合わせ位置の基本の位置も書いてありましたね。
34PICT-3 は、合わせ位置はミドル(中)の位置と。
ほかは、アッパー(上)の位置と。

マニュアルによって書かれていることが色々ですね。
こんど、ヘインズの日本語版でも買ってみようかなと、、、

あと、ちょいと気になる点が、ひとつできてしまった!!
高年式のキャブについている、「ストリッカー・ダンパー」のことです。
これ、以前にアクセルの戻りが悪いからと、どんどん上の位置まで上げたんですよ。
そう、ダンパーの力が緩くしてアクセルの戻りを良くしようと。
結局、位置的にはおもいっきり上部の位置、一番緩い位置ですね。
で、アクセル戻りは良くなった。(バネも新品のちょい強めの物に交換した)
これ、排ガスをキレイにする効果と、エンスト防止とも書いてあったのだ。
「あーっ」もしかして!!
オートチョークの終わり際にエンストしやすくなってたのは、
このダンパーの位置がくるってたのと、バネをちょい強めのに換えてるのも要因があったのかと!!
そう思ってしまいました。
で、ダンパーの調整方法もマニュアルに載っていたので、
今度は、ダンパーをちゃんとした位置まで調整してみようと思ってます。
またまた、なにやら勉強が増えましたよ!!!!!

f0074456_19104774.jpg

↑この「ストリッカー・ダンパー」は、高年式の 34PICT-3 についているようですが、
けっこう、取り外しているのも多いようです。
今の新品キャブ(34PICT-3)には、付いていませんし。
これ、1600ccタイプには、かならず必要なパーツだったのかも。
排ガスの為もあるし、エンスト防止の為もあるということなので、特にそう思ってしまった。

いやいや、ほんと奥が深いです、、、
と言うより、深みにはまっていってしまっているだけなんでしょうね、、、、

後、若干ですがタイミングが遅れぎみ(ほんのわずかですがね)なので、
そこら辺りも、ちゃんと調整してみようと。

さてさて、オートチョークとキャブ調整、
どうなることやら〜。
これ、でも、冬にやっとかないとだしね。
この冬やっとけば、次の冬は快調だろうな〜と、願いながら、、、
[PR]
by derolinco | 2007-01-19 19:13 | Beetle