1975年1200LS(1600cc/ヤナセ)ビートルに乗り初めてタイトルとは違い、かれこれ10年目になります。いつまで経っても「一年生」なワーゲン乗りの、のん気な日記です。


by derolinco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ポンッと音がした!

f0074456_22405448.jpg


そう、昨年の11月の出来事です。
朝、出勤中に角を曲がって加速する時に「ポンッ」て後ろから音がしたら、
パワーがなくなり、アクセル踏んでも、パワーがなくなってしまった。
(後で考えれば3発エンジンだからパワー無くなったんだとね)
すぐ、車を路肩に止めて、エンジンを覗くと…、
3番(フード開けて左の奥、3番でしたよね?)のプラグが抜けて、
火花が出てました!
すぐさま、プラグを取り付けて、その場はOK。
で、なんで? て考えました。
丁度、少し前にプラグを掃除した時に、締め付けが悪かったのかなと思ったり。
もうしや、ネジ山がすり減って…とか。
で、10日ほどして、セルフガソリンを入れて、エンジンかけたら、
スタンドで「ポンッ」ておとして、「ポコポコ」てエンジン音が。
そう、またプラグが抜けてしまいました。
で、また取り付けて走りました。

後日、エンジンを見てもらったら、ネジ山が削れてきてるって。
んで、後、2〜3回そんなことが起これば、
もうどうにもならないよって!
めちゃ、危険なじょうたいでした。
応急措置のねじ山補修で対策もあるけど、
それは、あくまで応急措置で、ずっと乗っているならキチンと修理というか、
ヘッドを交換かな〜て。

結局は、オーバーホール時にヘッドを交換してもらいましたね。
中古の使える物をつけました。
やっぱ、当時の物のほうが材質とかがいいんだって。
いまのって、当たりはずれとか、調整しなきゃだめだとか。

それに、そのオーバーホール時に、
な、な、なんと、とんでもない事が判明しました。

また、その話は後日です。

でんでん。
[PR]
by derolinco | 2006-02-25 22:41 | Beetle